2017年03月02日

「SFアーティストクラブ」新年度会員募集

「SFアーティストクラブ」新年度会員募集中!!

こんにちは、ソリューションフォーカスの青木です。まだまだ寒さが厳しい日もありますが、春らしさが日に日に増してきましたね♫

"SF inside" Day 2017における「共有事例」の募集は2月一杯で締め切らせていただき、10件のご応募がありました。ご応募くださった皆様、ありがとうございます!!今月中にプログラムとして組み上げて皆様にお知らせする予定です。今年も有意義な大会となること間違いなしです。どうぞお楽しみに!

さて、今号のSFニュースでお知らせしたいのは、「SFアーティストクラブ」の新入会員募集についてです。

SF活用の現場では必ずそこに関わる人の個性や知恵が創造的に活かされます。そういった自分なりの工夫をすることを楽しんでいる人が、お互いの実践体験をいつでも安心してシェアできる場を持つことを目的とした会員制度が「SFアーティストクラブ」です。

会員の特典は以下の3つです:
  1. 会員限定Facebookグループへの登録
  2. 会員専用のメーリングリストへの登録
  3. 「SFアカデミア」プログラム 会員割引

オンラインでの交流が中心ですので、居住地がどこであってもSF仲間との交流が可能です。年会費は6,000円ですが、その半額分のSFアカデミア・プログラム参加割引が受けられますから、実質 3,000円となります。

◆ご興味がある方は、下記サイトにて、詳しい内容をご確認ください。
http://www.sf-academia.jp/program/service.php

◆会員登録条件・会員規約等:
http://www.sf-academia.jp/program/regist.php

◆お申込はこちらから:
http://www.sf-academia.jp/registration/reg_form.php

皆様のご参加をお待ち申し上げます♪

SFアカデミア 青木安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | SFアカデミアからのお知らせ

2017年01月11日

SFセミナー@大阪・福岡

大阪・福岡で開催します!
「SFベーシック」&「SFフォーラム」

こんにちは、ソリューションフォーカスの青木です。

今日1月11日は株式会社ソリューションフォーカスの創立記念日です。おかげさまで、干支が一巡りして、満12歳となりました。

この12年の間には、SFアカデミアにおける様々なSF学習コースの開催、企業や自治体での研修実施、J-SOL大会の創設& "SF inside" Dayへの移行、欧州SOL国際大会へのグループ参加など、様々な活動をしてまいりました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と深く感謝申し上げます。様々なお顔が脳裏に浮かびます。本当にありがとうございました!

さて、今号のニュースは、大阪、福岡でのSFセミナー開催です!

現在「SFアカデミア」の公開セミナーは、東京のみでの開催となっておりますが、研修や講演のご依頼は国内の様々な地方からいただきますし、"SF inside" Dayの大会には全国中から参加者の皆様をお迎え しております。それに伴い「SFアカデミア」の学習コースを東京以外でも開催して欲しいとのお声を様々な方面からお寄せいただいております。今年はぜひそのご要望にお応えしたいと思います。

まず大阪と福岡での開催を下記の日程で企画します。会場は未定ですが、確定次第お知らせいたしますので、参加ご希望の皆様、あるいは関心をお持ちの方をご存知の皆様は、日程を手帳にご記入お願いいたします。

■□ 大阪 □■
「SFベーシック」 6月10日(土) 9:30 - 18:00
「SFフォーラム」 7月8日(土) 9:45 - 17:00
□■ 福岡 ■□
「SFベーシック」 10月14日(土) 9:30 - 18:00
「SFフォーラム」 11月18日(土) 9:45 - 17:00
<SFベーシックとは>

ソリューションフォーカスの考え方とコミュニケーションスキルを1日かけて学び、すぐに実践できるようにするための学習コースです。

職場や生活の日常コミュニケーションの中での解決志向性を高めることができますので、仕事の種類には関係なく、自分と周囲の人々のコミュニケーションを前向きなものにしたいと希望される方であればどなたでも実践的に有効な学びを得ることが可能です。

既に受講済みの方でも、再受講(格安です!)されると、SFの良さを再体験して、前進するためのエネルギーをリフレッシュできます。

<SFフォーラムとは>

「SFベーシック」受講後にソリューションフォーカスを実践された体験とその結果を振り返って、さらにSFを自分のものとして深めていくための機会が「SFフォーラム」です。

カウンセリングやコーチング等の型がある場面と違い、オープンな日常という場でのSFコミュニケーションは、無限のバリエーションがあり得ます。他の人の多様な実践体験を聞くことをきっかけにして、自分なりのユニークなSF応用法を創り出していくことが、“正しい方法をマスターしてから”と考えるよりも、実践的です。

「認め合う、学び合う、応援し合う」という“SFアカデミア・クリード”に則り運営される「SFフォーラム」では、多様でユニークなSF実践法が促進されていきます。

SFを学んだ人が帰ってくる度に、「SF感覚を思い出した!」と新鮮な感慨を持つ場が「SFフォーラム」です。何回でも帰ってきてください♫

*この大阪・福岡で「SFベーシック」「SFフォーラム」開催のニュースは予告編です。会場などが正式に決定されてから、あらためてお知らせいたします。申込受付もその後になりますので、ご了解ください。

2016年の「SFアカデミア」公開セミナーは、藤沢と渡辺に任せていたので、この大阪・福岡セミナーで復帰するのが楽しみな青木です!

大阪・福岡以外でも参加者が集まる可能性があれば、どこでも出張したいと思っていますので、ご連絡いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

SFアカデミア by 青木安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 23:37 | TrackBack(0) | SFアカデミアからのお知らせ

2017年01月06日

田近 徹太郎氏 スペシャルワークショップ

◆◆◆スペシャルワークショップのご案内◆◆◆
★日時 :2017年3月4日(土)13:30〜16:30
★御登壇者 :田近 徹太郎氏
(日本テキサス・インスツルメンツ株式会社 元人事部長)
★テーマ :『OKメッセージ ⇒“相手に関心をもって丁寧に対応する”
定年退職後 編』
★場所 ちよだプラットフォーム(東京都千代田区神田錦町)
★参加費 :3,000円(税込)
SFアカデミア 講師 ラーニング・ディレクター
藤沢 さつき

田近氏は、J-SOL6と昨年6月に開催しました"SF inside"Day(SFiD) 2016にて、事例発表をしてくださり、ご参加者の皆様からも大好評でした。

SFiDでのご発表 の最後に、予告?をしてくださった事が漸く実現致します!

当初、SFiDでの発表の最後に一言シェアーをされる予定でしたが、お話を伺って、青木と私とで「それは勿体ない」と思い、別途での発表をリクエスト致しました。

ソリューションフォーカスは、仕事だけでなくプライベートでも活用されている方や、その効果を実感されている方も多いかと思います。

また、ソリューションフォーカスを学ばれている方々は、第二の人生を間近にされている方や、 既に第二の人生を歩まれている方が沢山いらっしゃいます。

或いは、第二の人生はまだまだ先だけれど、プライベートでの活用を、どういう風にしていったら良いかを模索されている方もいらっしゃるでしょう。

2017年をより豊かな1年にする為にも、多くの皆様とSFの奥深さを学び合える事、語り合える事を、田近氏や青木と共にお待ちしております。

お申込みは⇒ http://sf-academia.jp/registration/reg_form.php#sws

以下は、田近氏からのメッセージとワークショップの概要(予定)です。概要を読んでいるだけで、当日が待ち遠しくなる内容ですのでご覧ください!

«田近徹太郎さんからのメッセージ»

日々の生活の中で、SFを意識していると面白い気づきや発見があったり、自分の思いや言動を修正することができたり、生活は単純だけれど思考はエキサイティングなこの数か月でした。

これまでの気づきや発見、またそれを生かすと日々の生活がどう変わるのか?実験的なこともいくつかやってみたので、それらをお話しできればと思っています。

主に仕事などで生かしてしてきたSF(特にOKメッセージ)ですが、定年退職後に気づいたことは、定年退職する前までは自分の身近な人たちには、あまり意識して使ってこなかったということ。そして定年退職後の日々の生活の中でSF(特にOKメッセージ)をきちんと意識して。生かしていくことが“日々の生活を豊かにするうえで”どれだけ大切であるかということです。

ベースになっている考え方は
『OKメッセージ ⇒ “相手に関心をもって丁寧に対応する”
  ⇒ リスペクトと勇気づけ』です。

  1. 自分の定年退職後から11か月後に他界した父との約1年間の関わりと今の思い
  2. 家族(特に姉や妹 そしてその家族)との関わり
  3. 特に身近な友人たちとの関わり
  4. セールスや宅配業者など日々関わる人たちにへの対応
  5. 妻との関わり (一緒にいる時間が2時間/日から 10時間/日になった)
  6. 自分自身との関わり

特に⑤・⑥を意識することの大切さと、それを『継続することの難しさ』も感じていますので、それらもご紹介できればと思っています。

また『継続』についても少しお話したいとも思っています。

これらの話を参加者の人たちと“対話”しながら進めていき、その中で加者の方々も日々の生活の中で、自分の身近な人たち(特に配偶者や自分自身)に対してどんな思いで、どんなことを意識または大切にしているかも探求していただきたい。。と思っています。

(by 田近 徹太郎)
SFアカデミア
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | SFアカデミアからのお知らせ

2016年03月18日

“SF アカデミア” by 新講師陣!

“SF アカデミア” by 新講師陣!

以前からお伝えしてきましたが、SFアカデミアの主要プログラムである「SFベーシック」「SFフォーラム」「SF実践コース」の講師は、4月から藤沢さつき渡辺照子がつとめます。

この10年の間、様々なSFセミナーやワークショップの中でこの2人のSF的サポートによって、多くの方が「認め合い、学び合い、応援し合う」場の心地良さや意義深さを感じたり、創造的にSFを活かす行動が促進されたのを見てきましたので、この新講師陣によるセミナーは、役立ち度の高さでピカ一のものと確信しています。

SFはシンプルだからこそ、同じコンテンツでも、それを伝える人に特有の個人的リソースが活かされる形で提供されます。既に「SFベーシック」受講済みの方も、再受講することが可能ですので、ぜひSFの学びをリフレッシュする機会としてご利用ください。

また、「SFフォーラム」も学び合いの機会として洗練されてきましたので、再参加された皆さんから大変好評をいただいています。

ソリューションフォーカスに興味がありながら未受講の皆さん、ぜひ新講師陣を迎えたSFセミナーに参加して、「活かし合う力」を高めるコミュニケーションについて学ぶ機会としてご利用ください。

◆講師からのメッセージです:

★藤沢さつき
「SFを研修・コーチング・プライベートで活用してきた私自身の体験と、多くの参加者と学び合いをしてきた事を活かしたプログラムにします。又、20年近く、組織開発や個人の成長に関する研修に携わった経験も、プラスしてお伝えしていきます。」
★渡辺照子
「私自身が、ソリューションフォーカスを学び、仕事や暮らしに 活用してきた経験を活かし、分かり易く具体的な説明に 努めます。また、コーチとして、組織にSFを活かす実績を重ねて きたこともセミナーに反映してまいります。」

「SFベーシック」4月30日(土)
「SFフォーラム」5月28日(土)
「SF実践コース第8期」 2016年9月〜2017年3月
★詳細・申込:http://www.sf-academia.jp/program/start.php

◆ "SF アーティストクラブ" 新規会員募集中! ◆

年会費6千円(月額500円)で、ソリューションフォーカスを創造的に活用することを楽しむ仲間とつながろう!
「SFアーティストクラブ」概要:
http://www.sf-academia.jp/program/service.php
SFアカデミア by 青木安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | SFアカデミアからのお知らせ

2015年08月06日

【号外】第二回「SFコーチング」ワークショップ

10周年記念企画スペシャルプログラム
プロコーチ渡辺照子の 「SFコーチング」ワークショップ 参加者募集

SFコーチングワークショップの様子

みなさん、ごきげんいかがですか? 渡辺照子です。
8月29日(土)に、SFコーチング・ワークショップを、13時〜17時までの4時間、ちよだプラットフォームスクエアで開催いたします。

内容は、(1)SF質問について (2)オスカーモデル応用 (3)実践練習です。

  • SFコーチングでは、原因追及の質問はおそらくしません。一方で、SFコーチングだからこそ、する質問というのがあります。例えば、「どうなったらいいですか?」「どうしてできたんですか?」「(やめないで)取り組み続けているのは、何があるからですか?」などなど。こういったSF質問を、ご参加くださった皆さんで、たくさん生み出して、SF質問集を作ってしまいましょう!
    “質問さえすればいい”ということではないので、どんな声のトーンで? どんなスピード感で?ということも、いろいろ実験してみましょう!
  • OSKARモデルは、4月の第1回に基本をやってみましたが、今回は応用編です。OSKARモデルは、SFエッセンスがシンプルに組み込まれた、SFコーチングの一つの型です。これを応用すると、たとえコーチング初心者の方であったとしても、ポジティブで行動につながる会話を、創りだすことができます。具体的に、どのプロセスに、どのような質問を組み込むとよいのか解説します。
  • コーチングは、する・うける・観察する ことで、力が高まります。実際に、何回も、“する”“うける”“観察する”をやってみましょう!きっと得るものが大きいはずです。

プログラム詳細:http://sf-academia.jp/program/coaching.php
お申込フォーム:http://sf-academia.jp/registration/reg_form.php#coachingws

皆様と共に、楽しく充実したときが送れることを楽しみにしています。
ご参加をお待ちしています。

SFアカデミア by 渡辺照子
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | SFアカデミアからのお知らせ

2014年05月01日

第25号【3】 SFコラボレーション・セミナー

「SFと脳科学」長谷川英輔(Coaching LAB)× 青木安輝

今月のSFコラボレーション・セミナーは、長谷川英輔氏をお迎えし、脳科学とSFの接点を探っていきます。長谷川氏はメーカーの技術者としてご活躍された経験の中で、発見やひらめきがどのように起こるのかに興味を持ち、心理学や脳科学を研究し始め、コーチングを学ばれた後でさらに脳の仕組みとコミュニケーションの関係を研究してこられました。

私もソリューションフォーカスのセミナーの中で、なぜSFが有効なのかを説明する際に、断片的ながら脳科学領域で得られた知見を援用しています。心や意識というとらえどころがないもの、主観的で再現性が保証されないものに大きく左右される人間のコミュニケーションという領域で、客観的に確認された脳科学の発見がどのように活かされるのか、大変興味深いところです。

例えば、脳が自動的に(勝手に?)してくれる色々な補正作業があります。正方形の映像と長方形の映像を素早く交互に入れ替えてスクリーン上で見せられると実際には図形は変形していないのに、ぐにゃっと形を変えていくように見える錯覚を起こします。あるがまま(この場合は正方形と長方形だけ)を見るのではなく、意識した2つの情報をつなぐ情報を創り出してしまうのです。さて、コミュニケーションの場面で、そういう補正作業はどこまでどんな風に影響を与えるのでしょう?相手が言っていないことを言ったと思い込んだり、自分が言っていないことを言ったと思い込まれてしまったり。それが良い方にも悪い方にも影響する可能性はありますが、脳科学の知識を持つと、そういった現象をどう活かすことができるのでしょう?

長谷川さんは、脳科学の特定の分野の研究者ではありませんが、心理学や脳科学の情報をコーチング等のコミュニケーション場面に現実的に活かす研究をしてこられました。長谷川さんは「しなやかに生きる」ために脳科学の情報を活用して欲しいというメッセージを発信しています。

<しなやかに生きる>長谷川英輔

あなたは頑固に生きたいですか。それともしなやかに生きたいですか。どちらが正しいという問題ではありませんが、すでに成熟の時代に入った日本の社会では、しなやかに生きる道の方が生きやすいかも知れませんね。仮にその道を選んだとして、具体的にはどういう努力をすればその生き方を身に付けられるでしょう。一見何をしたら良いかわかりませんが間違いない方法が一つあります。

いろいろなことに興味を持つこと、できれば体験することがその王道です。こう言われてあなたはすぐに始められますか。なかなか難しいことですね。しかし、なぜそれが王道なのかが納得できれば、かなり努力する気になると思いませんか。私が脳の仕組みを皆さんに知っていただきたいと思う理由はそこにあります。脳の基本的な仕組みを理解すれば、それが納得できます。そんなに難しいことではありません。中学の理科程度をイメージしてもらえば結構です。

是非この機会にその仕組みを理解して、毎日の生活に役立てていただきたいと思います。

自分が脳とコミュニケーションについて理解を深めるだけでも役に立てられそうですが、身近な方とその知識を共有することで、関係強化につながる智恵が生まれる可能性もあります。どうぞお誘い合わせの上、ふるってご参加ください。

終了しました。

SFアカデミア 青木安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | SFアカデミアからのお知らせ