2013年06月01日

第11号【2】 SFアカデミア便り

4月1日に「SFアカデミア」が正式スタートして、二ヶ月が過ぎました。「SFアカデミア
便り」では、SFアカデミアという「学び合いのコミュニティー」で行っている事や起きて
いる事などを紹介していきます。

SFアカデミアは、“SF inside”な個や組織を目指す人達が、メンバー同士のSF対話を
通じて互いに学び合い、智慧を生み出し、各人の人生のステージで実践していく。
そのサイクルが、スパイラルアップしていく事を目指しています。
SFアカデミア学びと成長のサイクル
詳しくはこちらをご覧ください。

SF対話として、SFアカデミアで行われていることは、大きく3つあります。
*SFフォーラム(有料)
*スカイプグループセッション(無料)
*会員専用SNS(SoFA)内での書き込み

★SFフォーラム★

NEWSでも度々ご紹介していますが、この「SFフォーラム」はミニ「SF実践コース」と
言える内容になっていると考えています。
今までに四期開催してきた「SF実践コース」(2007年〜2010年)は、5ヶ月間のプログ
ラムでした。取り組むSFプロジェクトを決め、月1回集まって、各自のプロジェクトの
進捗をシェアーし合い、リフレクティングを通じて、望んだ成果を創り出すのをお互いに
支援し合う場を創ってきました。この実践コースの修了生の多くはJ-SOLでの分科会で
成果を発表したり、各々の職場や生活の場で、SFを活かして活躍し続けています。
「SFフォーラム」に参加することで、実践コースが提供していたSFによる活かし合いの
場を体験することができますし、継続的に参加して自分が取り組む課題(プロジェクト)
をテーマにしたリフレクティングを毎回することで、実践コースのミニチュア版に
参加しているような効果があり得ます。

 《SFフォーラムを実践コース的に使う7つのメリット》
  1. 参加する日程や回数は自分で選べる
  2. 扱うテーマの終了期間も自分で決められる(毎回違ってもOK)
  3. 大きなプロジェクトではなくとも、小さなテーマを扱う事も出来る
  4. 参加者からのOKメッセージやSF的フィードバックが、前進の力になる
  5. 第二部の「ワーク」は毎回違うので、同じテーマ・プロジェクトも違う角度
    から検証する事が出来る
  6. 第三部の「SFライブ」で、ミニ事例発表ができる
  7. そして!参加しやすい価格設定である
    都度参加   : 8000円(アカデミア正会員・体験会員共)
    年間パスポート:48000円(アカデミア正会員のみ)
前回までのNEWSでもお伝えしているように、7月までのSFフォーラムは参加条件を
満たしている方なら、アカデミア会員以外の方でも参加する事が可能です。
《6月東京のSFフォーラム:6月11日(火)》
第二部:ワーク  「テトラレンマ(決断コーチング)」  
第三部:SFライブ「GWT(Group Work Training)でSF力を磨こう」
By 三好良子氏
詳しくは、前号のNEWSをご覧ください。

★スカイプグループセッション★

月に3回、青木安輝・渡辺照子・藤沢さつきがファシリテーター役をつとめる90分の
スカイプグループセッションを行っています。曜日や時間も色々に設定しているので、
ご自分のライフスタイルや都合に合わせて参加しやすくなっています。
このセッションは、会員無料サービスです!
4月・5月に開催された6回のセッションのテーマをご紹介します。
1回目:OSKARコーチング(渡辺)
2回目:日常に溶かし込むSFタブレット1「総論」(青木)
3回目:SF相互インタビュー(藤沢)
4回目:リフレクティングチーム(渡辺)
5回目:日常に溶かし込むSFタブレット2「多様性」(青木)
6回目:マインドデジタル「不快からのシフト」(藤沢)
SFワークを体験する回、答えの無いものについて考えてみるゼミのような回、互いの
SF実践から学び合う回など、様式は様々です。
ファシリテーターが何かを教えるのではなく、参加者同士で学び合う90分です。会員の
住まいも北海道から九州までと広がっていますが、全国の人と時間が共有出来る
スカイプグループセッションは、SFを学び続けるには素晴らしい機会になると思い
ます。

★会員専用SNS“SoFA”への書き込み★

アカデミア会員になった方は、全員が顔写真とSFプロフィールなどを“SoFA”に掲載
する事が条件の一つになっています。これは、安心してお互いに学び合いや活かし
合いをする為の環境づくりの為でもあります。

では、“SoFA”の中にはどんなものがあるか、代表的な一つをご紹介しましょう。
♪よもやま日記♪
会員が、Myページの中で日記として書き溜めていく事が出来るものです。
勿論、他の会員がコメントを書き込む事も可能です。
どんな事が書かれているかというと、
*職場で起きたリアルな体験やSF実践
*家族の中で起きた事やSF的対処
*参加したワークショップやセミナーでの学び
*SFのツールを独自に工夫して実践していること
*日々の中で感じた事や発見したよもやま話
・・・・・・etc
自分自身の振り返りの為としても役に立ちますが、会員同士のSF的コメント
によって、一人のシェアーから、お互いに学び合いや活かし合いが起きて
います。
「今週のSF名言」も毎週月曜に掲示されますが、そこにも自由にコメントや
質問などを書き込みが行われています。
掲示された「SF名言」の一例をあげると;
“賢い人は何を見過ごしたら良いかを知っている ”
byウイリアム・ジェームズ
“優しくありなさい。
あなたの出会う人々は皆、困難な戦いに挑んでいるのだから。”
byプラトン
“私は戦争反対の運動には参加しません。
平和賛成の運動には喜んで参加します。”
byマザー・テレサ
・・・・・・etc
研修やJ-SOLの時に壁に貼り出しているものもありますが、その一つ一つを
あらためて考察してみると、どの言葉も深みがあり、受け手によって解釈も
違ってきます。その多様な解釈の中から新たな発見があり、非常に面白いと
感じています。

ある会員の方が話されていました。
「ここ(SFアカデミア)は、安心で安全の場所だから、自由にシェアーしたり書いたり
出来る」と。とても嬉しい言葉でした。
“SF insideな場”を、これからも「ここから」創り出していきます。

追記
「SFアカデミア」は、2014年4月から株式会社ソリューションフォーカスが提供する
全ての公開プログラムとサービスを指すブランド名となりました。
プログラム再編について
会員制「SFアカデミア」は「SFアーティストクラブ」に名称を変更いたしました。
「SFアーティストクラブ」の内容・入会案内はこちらをご覧ください:
http://www.sf-academia.jp/service.php

SF眼鏡 by 藤沢さつき
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 00:25| Comment(0) | SFアカデミア
この記事へのコメント
ソリューションフォーカスNEWSメール配信ご希望はご希望はこちらまでご連絡ください。