2018年10月04日

藤森工業株式会社横浜事業所訪問レポート

藤森工業株式会社横浜事業所訪問レポート
〜〜やっぱり、SFは実践してなんぼ!〜〜
藤沢さつき

先日、藤森工業株式会社(ZACROS)横浜事業所を訪問させて頂きました。
その時の事をお伝えします。

SF実践を4分でプレゼン中 「認め合う・学び合う・応援し合う」時間
SF実践を4分でプレゼン中 「認め合う・学び合う・応援し合う」時間

ZACROS横浜事業所からは、毎年SF実践コースやSFベーシックセミナーにご参加頂いていますが、志田事業所長が実践コース5期に参加された時から、「横浜事業所に見学に行きたい」と折りに触れ言っておりました。
今回の訪問はやっと想いが叶ったという事になります。

訪問の目的は二つありました。
一つは、毎年の実践コース生の色々な実践プロジェクトの現場を見る事、一つは、7月に実践コース修了生の企画で横浜事業所SFベーシックセミナーを自主開催されたので、実践発表の場であるフォーラムをオブザーブする事でした。

私の気持ちとしては単なる事業所訪問というよりも、SFアカデミア担任?として、家庭訪問のような授業参観のような気持ちで訪問させて頂きました。

まず、実践コース6期生の福田さんの案内で工場見学をし、社員食堂でのランチ会を挟んでフォーラムのオブザーブをしました。

1日を通して感じた事があります。
それは、横浜事業所には間違いなくSFの根が張って確実に育っている事です。
「出来ない理由ではなく、何があったら・どうしたらを考える」という、志田所長が発信しているメッセージが、かなり浸透している事を感じました。

横浜事業所では、「皆で自覚ミーティング(MJM)」を続けています。
ルールの見直しや現場の改善を自分たちでしていくという取組です。
実践コース修了生の実践プロジェクトにも、改善を扱ったものもあります。
工場見学の時に、「〇〇さんが取組んでいた事はこれだ」とか、「〇〇さんが言っていた事はこれだったんだ」というものを目にする度に、とっても嬉しくなりました。

更に、実践コース生の取組だけではなくて、現場の方々が自主的に改善した「なるほど!」と思う改善も沢山あり、福田さんに説明して頂きました。
福田さんが「MJMで項目にあがった時には『ちょっと無理じゃない』と思った事を、現場の人が自分たちでアイデアを出して改善してくれたんです。驚きました。」と、とても嬉しそうに話しをしてくれた事が印象的でした。

午後のフォーラムは、7月に自主開催したベーシックに参加された(課長・職長)12名の内10名の方が参加し、福田さんが進行されました。
オブザーバーとして、志田所長と名張事業所の本間所長(2期生)・桑本さん(9期生)・今回の切っ掛けを作った沼田事業所で初のベーシック自主開催をした戸塚さん(9期生)・弊社のSFベーシックセミナー受講生も数人参加されました。

一か月の間に実践した事を4分でプレゼンをし、他の人からOKメッセージを送りました。
10名全員の実践内容は正直驚くほどのものでした。
OKメッセージの内容も、SFアカデミアのクリード“認め合う・学び合う・応援し合う”場が、そこに創り出されていた事も素晴らしいと感じました。

全員が仕事やプライベートでそれぞれ自分に出来る実践をして変化を創り出していて、SFの小さな“アート”が沢山ありました。

その中からTさん(職長)の事例を紹介します。
遅刻や欠席が多い部下に対して叱るのではなく、現在の仕事で出来ている事にOKメッセージを送り、更なる期待を伝え、「その為には自分に何があったら良い?」と質問をする事で、本人から「体調管理をしっかりする」というスモールステップが出てきて、結果として遅刻や欠席が大幅に減少したそうです。

「遅刻・欠席」という問題そのものにフォーカスするのではなく、他者尊重で相手を認めて、Tさんが相手に対する見方と会話の焦点を変えた事で創られた成果です。
SFコミュニケーションの3つの要素「リソース・肯定的未来・スモールステップ」にフォーカスし、シンプルなSFをシンプルに実践した見事な事例だと感福しました!

Tさんの事例も他の方の事例も全てに共通している事が2つありました。
①相手を変えようとするのでなく自分の言動を変えた。
②シンプルに素直にSFを使ってみている。

自分の今までのやり方を変える事は勇気がいることでもあると思います。
その一歩を踏み出す切っ掛けとしてフォーラムという機会を活かした10名の方々と、その機会を創り出した福田さんや桑本さんと支援した事業所の皆さまに敬意を表します。

同時に、弊社が行っているSFアカデミアのベーシックセミナーを「ベーシック」と「フォーラム」で一つとしている事に、その価値や意味に確信を持つことが出来ました。

“SFは実践してなんぼ”

だから、どんな小さな実践にも価値があり、“認め合う・学び合う・応援し合う”場として「フォーラム」は大切な機会であること。

今回の訪問では、私自身が沢山学ばせて頂いた事も多くありました。
そして、弊社がやってきたこと・やっていることへの何よりものOKメッセージを頂いた、そんな感覚を持てた1日でした。

横浜事業所の皆さま、志田所長、お声がけくださった福田さんにお礼申し上げます。

実践発表、有難うございました
実践発表、有難うございました
SFアカデミア by 藤沢 さつき
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | SF inside
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184595716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ソリューションフォーカスNEWSメール配信ご希望はご希望はこちらまでご連絡ください。