2018年06月11日

"SF inside" Day 2018分科会の見どころ紹介 Vol.5と大会テーマの意味

"SF inside" Day 2018 分科会の見どころ紹介 Vol.5と大会テーマの意味
青木 安輝

こんにちは。ソリューションフォーカスの青木安輝です。

"SF inside" Day 2018開催まで2週間足らずとなりました。今号のニュースでは、大会テーマの意味あいと、それに沿った内容で2日目に事例提供をしてくださる山本さん(ゆい社会保険労務士事務所)と長野さん(株式会社OSK)の発表内容についてお知らせします。

"SF inside" Day 2018大会テーマ:「SFという生き方」

過去13年間に様々なSFプログラムを提供してきましたが、それを受講した後で様々な成果をあげたという皆さんのお話を詳しく聴いてみると、どうもセミナー受講以前から既に人生経験の中でSFの境地にたどり着いていたとお見受けする方が沢山いらっしゃいました。「私が自分なりに考えてやってきたことを、よく体系的にまとめてくださいましたね」と感謝されることも何回もありました。

「機械の使い方」のようなノウハウであれば、教わる前から知っていたということはあり得ませんが、人の生き方や人間関係に関する知恵は、人生の中で様々な体験をして、そこから学ぼうとする姿勢があれば、セミナー等で教わる以前に“知っている”ということが大いにあります。

SF実践で素晴らしい成果を創り出す人の中に、「青木さんの本に書いてあることをそのままやっただけですよ」といとも簡単に言う方が時々いらっしゃいます。前は「照れるなあ。オレってそんないい本書いたかなあ」とベクトルを自分に向けた反応をしていました(笑)。しかしよく考えてみると、そのくらいSFを違和感なく自然に実行に移すことができるのは、その人が既にSF感覚をもっていた証拠だとやっとわかってきました。そして、そんな方ほどSF実践の細部をスマートに工夫されることにいつも驚かされます。

既に“知っていた”ならセミナーなど必要ないではないか!?

そんなことはありません。人間は様々な側面をもっていますし、人生経験も色々です。もともとSF要素を沢山もっている人も、それ以外の様々なクセや思考パターンを同時に持っているので、必要な時にいつも適切にSFスイッチを入れているとは限りません。ある条件が揃う時だけ無意識の内にSFをしている場合もあります。ですから、セミナーや本を通じて“教えられるSF”は、自分の中に既にあるSFと共鳴し、意識的に活用できるようになるためのテンプレートとして機能するのです。
そして意識的にSF実践を重ねるほど、活用法が洗練されてきます。

「SFという生き方」というのは、教科書的なテンプレートをどれだけ忠実になぞることができているかの話ではなく、どれだけ自分の中のSFを呼び起こしているかに意識を向けていただくためのフレーズです。

ここで、皆さんに見ていただきたい資料があります。

現在「SFコミュニケーションのフレームワーク〜前向きな対話の構造モデル〜」として、セミナーの中で提示しているとらえ方は、SF実践者へのアンケート調査結果をもとにしてつくられました。アンケートの質問とその回答がとても興味深く、教科書的な回答というよりは、SF実践者がもともと持っていたSF要素が「生き方」の中で現れてきたとも言える内容が多いです。これをご覧になると、もしかしたら「自分のSFという生き方」が見えるきっかけとなるかもしれません。

こちら(https://www.j-sol.org/2018theme.pdf)をクリックしていただくと、「事前考察 参考資料」として提示してあります。"SF inside" Dayに参加される方は、事前に目を通すことを是非おすすめします。参加しない方も、自分の生き方の中のSFを発見するかもしれませんよ♪

「『SFと自分の生き方』
〜マイクロステップから始まる、人生のグッド・ウェーブ〜」

(発表者:山本勝之氏・長野豊佳氏 )

スモールよりもさらに小さいマイクロレベルのステップ。小さいからこそ日常の様々な場面で活用できる。小さいけれども、積み重ねていくことで予想した以上の大きなことにつながっていく。

「SF実践コース」第九期生のお二人が開示してくださるそんな等身大で身近なSF体験は、きっと聴く人々の人生で経験してきた様々なマイクロレベルでの「SFという生き方」を思い起こさせてくれるはずです。

★この分科会紹介ページ↓
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_contents.php#yamamoto-nagano

"SF inside" Day 2018は6月21日まで参加申込受付いたします。
「SFという生き方」というテーマを媒介に「認め合い、学び合い、応援し合う」1日半を皆様とご一緒するのを楽しみにしています♪

お知らせ
SF inside Day by 青木 安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | "SF inside" Day
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183520032
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ソリューションフォーカスNEWSメール配信ご希望はご希望はこちらまでご連絡ください。