2018年05月17日

"SF inside" Day 2018分科会の見どころ紹介 Vol.4

"SF inside" Day 2018 分科会の見どころ紹介 Vol.4
青木 安輝
◆ 横浜南共済病院+株式会社ハートセラピー:
「解決志向による職場活性化活動で看護師の底力を見た!」
(発表者:柳原里枝子氏、久保 恭兵氏、末永 八千代氏 )

この事例共有者の柳原さんは、ご自身が看護師としてガン患者さんに関わった体験などを通じて、「多くの人が自分の価値観の元、幸せに後悔なく人生を送ることが出来たらいいな」という想いを抱くようになったそうです。その想いを実現するために起業し、その事業の一環として、SF活用で人がよりいきいきと仕事ができる職場環境を整えるサービスを提供されています。

横浜南共済病院看護部から依頼されたプログラムは、5カ月の間に3時間セミナーを4回実施するというもので、時間としては決して十分に長いとは言えない研修です。そして受講者は固定された18名のみ。あなたが講師だとして、その条件で300人の看護部を活性化してくれと言われたら・・・と想像してみてください。これは、Mission impossible? Or possible?

結果はPossibleだったようです!ある日、研修に参加していない看護師長さんが柳原さんのところに来て、とてもうれしそうに職場での変化を伝えてくれたそうです。新人の看護師さんが「こういう先輩がいるところで働きたい!」と言ったという言葉が特に耳に残ったとのこと。

そして、"SF inside" Day にも何名かの看護師さんが参加することとなり、職場活性化をさらに前進させたいという気運の高まりがあるようです。一体何がそのような変化を起こさせたのでしょうか?
それはぜひ分科会の中で詳しくお聴きください。

★この分科会紹介ページ↓
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_contents.php

◆ 三井E&S造船株式会社 艦船営業部:
「“営業部内におけるグループ間同士のコミュニケーション向上大作戦”
『会社または組合主催の会社イベントへの
チーム全体での積極的な参加!』」

(発表者:赤堀 則文氏 )

運動会や各種スポーツ大会、はたまた団体旅行など、一昔前の会社では当たり前だった社内行事が最近はなかなか盛り上がらないので、中止になったという話をよく聞くことがあります。社会全体でも個人の嗜好が優先され、「とにかく皆で一緒に同じものを」ということが随分減少してきた昨今です。

そんな時代ですが、赤堀さんが発表してくださる内容は、会社の仲間が仕事とは直接関係ないお楽しみイベントで快適に交流を深め、それによってコミュニケーションが深まっていったという内容です。

実は、発表者の赤堀さんが、ウェブサイト上の分科会紹介文原稿を送ってくださった時に、写真が沢山添付されていました。どれも多くの人々が楽しく社内イベントに参加している様子を写したスナップショットでした。
残念ながらサイト上ではそれらを紹介できていないのですが、素晴らしい笑顔が沢山写っていました。これがSF活動の成果だとしたら、見事なお手本だなあと思いました。分科会の中ではきっと多くの写真が紹介されることでしょう。

そういうイベントへの参加を促すという方針も、「うまくいったことはもっとやる」というSF原則に則って、過去の成功体験を振り返ったり今あるリソースは何かと確認しようという話し合いを通じて、できあがり ました。そして、なんと全員が参加するところまでこぎつけたのです。

コミュニティー崩壊や居場所の喪失などが増えてきた現代社会と言われていますが、赤堀さんの周辺ではむしろその逆のことが起こっているようです。
人生で一番長い時間を過ごすところが職場である人が多いわけですが、そこで一緒に過ごす人たちとの交流が気持ちよく深められていった秘訣は何なんでしょう。ぜひ赤堀さんのお話を聴いてみてください。

★この分科会紹介ページ↓
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_contents.php#mese

SF inside Day by 青木 安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | "SF inside" Day
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183262228
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ソリューションフォーカスNEWSメール配信ご希望はご希望はこちらまでご連絡ください。