2018年05月08日

"SF inside" Day 2018 分科会の見どころ紹介 Vol.1

"SF inside" Day 2018 分科会の見どころ紹介 Vol.1
(ZACROS横浜事業所・ZACROS名張&三重事業所)
藤沢 さつき
◆ 藤森工業株式会社(ZACROS)横浜事業所:
(発表者:桑本丈弘氏 他)

横浜事業所からは毎年「SF実践コース」にご参加頂いていますが、この事業所の数ある素晴らしいことの一つが、参加者の自発性を大切にしている事です。そして、歴代参加者が取り組んだテーマは各々が個人的に見つけた「やりたい事」でしたが、事業所の中でSFのバトンが上手く繋がって「進化」させている点にご注目!!

今年の発表は、昨年の全体会で発表をされた畑中さんからバトンを受け、後任の班長となった桑本さんが「進化」させた活用事例です。

桑本さんの取組の中で、私が特に驚きと尊敬の念を抱いた点は、普通なら経営者や管理職、あるいは教育部門のスタッフが考えて導入するような仕組みを、製造課の一班長である桑本さんが考案し、導入したという事。しかも、業務改善や人材育成に直結する切り口でSFが活かされる内容に組み上げた点です!

具体的には2つ。

一つ目は、どこの企業にもあるけれども活用は今一になりがちな「目標管理シート」。会社から降りてくる目標を達成するためのシートだったものを、目的(会社でのなりたい自分の姿)・目標・その為の思考と行動・達成基準と、個人の成長プロセスを大切にしながら、達成に向かうシートを考案しました。この中にSFの 要素が上手く組み込まれています。

二つ目は、そのシートを効果的に活用する為に考え出した「バディシステム」。多くの企業で導入しているメンター制度を、大きく進化させて創り出された仕組みで、その土台になっているのが、SFアカデミアの3つのクリードです。

「認め合う・学び合う・応援し合う」をバディ同士の会話や仕組みの中に入れ、お互いの成長に関わっていくことで、自分自身の成長は勿論、チームとしての成長も促進していける上に、会社の発展にも繋がる見事なシステムです。このバディ同志の会話や、メンターであるマネージャーとの会話は、SFコミュニケーションのシンプルな要素に沿って行われるようにガイドラインが設けられています。

「SFの理論はシンプルだけど、実践はアートね」と言ったインスー氏の言葉が、まさに裏付けされるような内容だと感動しました。

詳しい内容は、SFiD当日の分科会での発表を楽しみにしてください。

◆ 藤森工業株式会社(ZACROS)名張&三重事業所:
(発表者:岡村 冴氏、三浦康一氏、他)

名張事業所は"SF inside"組織の元祖であり、J-SOL2から毎年発表を継続されています。実践コースにも毎年ご参加頂いていますが、参加される方の取組テーマが、毎回違う視点や場面であるところに、SF活用の幅の広さを感じます。

今年は、技術課課長という管理職の視点と品質保証課の若手の視点という、全く違う角度の取組みが紹介されます。

これだけ長くSFを取り入れている事業所にも関わらず、お二人の取組は、SF用語を使わず、SFを感じさせないところがユニークです。
SFが入っていない組織や、SFのような取り組みに懐疑的な人がいる組織でも、このようなやり方をすれば抵抗感無く、SFのエッセンスを体感する事が出来ると思いました。

一見、コミュニケーションの活性化がテーマの様に思える事例ですが、業務効率UPという真の目的があり、実際に業務の中で変化が起きています。

品証課の岡村さんの取組は上述の通りSF用語は一切使っていないのに、その実践は、「SFの実践哲学の3つの要素」に沿っていると感じます。
これは実践をする過程において、岡村さん自身の気づきから起きた事です。

技術課課長の三浦さんは、業務として行っている技術報告会を活用し、本来の目的である業務(技術)の情報共有や活発な意見交換をテーマに、コミュニケーションの基本的スキルUPを意図した取組をしています。
その進行の中に、SFコミュニケーションの要素を自然に取り入れています。
技術課長としての「業務効率のUP」という明確な意図を感じる事例であり、三浦さんの緻密さが際立っている面白い活用と思います。

二人ともSFを実践している場面は違いますが、成果として部署内だけでなく、他部署との連携にも変化が起きている事が素晴らしいと感じました。

以上、藤沢よりSFiD 2018分科会の見どころ「ZACROS編」でした!

SF inside Day by 藤沢 さつき
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | "SF inside" Day
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183262119
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ソリューションフォーカスNEWSメール配信ご希望はご希望はこちらまでご連絡ください。