2015年12月14日

「SFコーチングワークショップ第3回」レポート

SFアカデミア SFアカデミアは「SFコミュニケーション」に関する
学習と実践を促す学び合いの場です。
「SFコーチングWS第3回」レポート

抜けるような晩秋晴れのこの日、16名のご参加をいただきました。参加の動機は、組織でのコーチング活用に、さらなるヒントを得るため。自分自身のコーチング力を高めたい。SFは初めてだが、業務に活かせそうな感じがしたから。第1回、2回と参加して、さらに深めたいと思ったので。など様々でした。

4グループに分かれて、第1部 SFコーチングのコツ、第2部 ケース毎の対応、第3部 実践練習 というプログラムで進みました。

プロコーチ渡辺照子 SFコーチングワークショップの様子
【第一部】SFコーチングのコツ
  • ソリューションフォーカスについての説明(源流や特長)
  • OSKARモデル復習
  • SFコーチとして大切な姿勢
  • OSKARモデルを基本とした、SFコーチングのプロセスにおける
    コツの解説
【第二部】ケース毎の対応
  • ビジネスシーンにおける1つのケース(以下に抜粋)について、どの様にSFコーチングを進めるかを皆で検討
  • ビジネスシーンにおける4つのケースを、各グループごとに分担し事例検討のうえ、検討結果をシェアし合う
ケース1:上司・部下の会話
私がこのプロジェクトのリーダーをするというのは、 納得がいかないです。なぜ、私がやらなければならないのですか?
このプロジェクトの先は見えています。Aさんの方が適任です。
Aさんは、いつも楽なミッションの取り組みをしていて、このままだと、また彼は評価され、私の評価は下がってしまいます。割が合わないです。
⇒ さてこのケースどの様にSFコーチングできるでしょうか?
【第三部】実践練習
  • OSKARモデル実践練習
  • 自身のコーチング力を高めるためのチームスーパービジョン
実践演習の様子 チームスーパービジョンの様子

各二人組になり、一人がSFコーチとなって、コーチングを実施し、自身のコーチングの課題を明確にした。その後、三人組になり、主役になった時に自身の課題をテーマとし、他の二人から更なる前進・成長のきっかけをSF的に得る、SFコーチング・チームスーパービジョンを行った。

<チームスーパービジョンのプロセス>
1. 準備する2. 発表する3. 明確にする
4. OKメッセージ5. リフレクティング6. 終了する

***ご参加者から頂いた感想より***
自分からSFの場作りを続けていくことが大切であると確認しました。
・周りの方々の考えを聴く場を増やしていきたいと感じました。
・「今」この瞬間を!テーマに来年は努力いたします。
今回の参加目的は、自分のコーチングスキルをアップさせたい、ということでしたが、渡辺コーチからSFコーチングのコツ、ポイントをお聞きし、なるほどと思うと同時にコーチングのワクワクするような良さを感じました。一番印象に残っているのは、全身全霊のOKメッセージです。また、そのコツやポイントを他の参加者の方と、WSを通じて共有できたことも良かったです。自分のコーチングについて相談できたことは、視野が広がりとてもありがたい時間でした。
「今日のフューチャーパーフェクト」として「SFコーチングのスキルを上げて、自信をつける」を掲げました。スキルの自信は強まりましたので、目的は達成いたしました。具体的には、①問題(課題)の本質を探るタイミングも「Outcome」のステップで進めることが確信でき自信につながりました。②また、ケースも5件ありケース毎の個別に考えることやケースに共通していることが 確認でき非常に良かったです。最後のSFコーチング・チームスーパービジョンも面白かったですが、時間を十分とって、もっと沢山のメンバーと人を変えて対話できれば、更によかったと思います。
セルフコーチングする場合のやり方のヒントを頂けました。
自分のコントロールにも使いたいと思います。他人事から自分事への転換の方法を知れました。行動に結び付きやすくなりそうです。寄り添う気持ちが全ての行動(聞き方、問いの内容など)に表れるので、テクニックだけでなく思いを大事にする。
ソリューションフォーカスは小さな一歩を踏みし解決につながる道筋がみえる気がしました。 患者様には小さな一歩から希望を見出していただけるよう、早速使ってみようと思っております。
できて当たり前、できなかったら叱られる、OKメッセージをもらうことが少ない社会ですが、我が子を始め同僚や知人にもOKメッセージを発することで自己肯定感や自信につながるよう、身近なところからソリューションフォーカスを取り入れてみます。

さて、本年は「10周年記念企画スペシャルプログラム」として、SFコーチング・ワークショップを5月・8月・11月の3回実施してまいりました。

毎回たくさんの方にご参加いただき、楽しさの中に、活気溢れる、充実した学び合いの時間を共有させていただき、感謝いたしております。

3回を通して私が感じたことは、皆さんが、SFコーチングをもっと知りたいし、試してみたいと思っていらっしゃるということです。

ご好評をいただきましたので、2016年は、「SFコーチングセミナー」と名称も新たに、引き続き開催することになりました。(年3回)

◆SFコーチングセミナー
開催日時: 2016年3月26日(土) 13:00〜17:00
場所: ちよだプラットフォームスクウェア
http://www.yamori.jp/access/
参加費: 8,000円(税込)
最小催行人数: 8名
内容: SFコーチングの基礎・SFコーチングデモ・SFコーチング実践練習
進行: 株式会社ソリューションフォーカス
ラーニングファシリテーター 渡辺照子
お申込: http://sf-academia.jp/registration/reg_form.php#coachingws

内容としては、今まで以上に、時間内でのコーチングの実践練習の機会と、“その時、どうSFコーチングするか?”ということについて、参加者同士の深め合いの時間を持ちたいと思っています。皆さまのご参加をお待ちいたしております。

SFアカデミア (株)ソリューションフォーカス・ラーニングファシリテーター 渡辺照子
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | SFアカデミア便り
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169862531
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ソリューションフォーカスNEWSメール配信ご希望はご希望はこちらまでご連絡ください。