2019年04月21日

"SF inside" Day 2019分科会の見どころ<中村さん>

心理士の10年間の活動の中で広がった
「SF-Wi−Fiエリア」!
青木 安輝

こんにちは。ソリューションフォーカスの青木安輝です。

"SF inside" Day 2019分科会の見どころ第三弾です。
中村亜紀子さんはフリーランスの臨床心理士として、いくつかの学校や企業を巡回しながらSFを応用したサービスを提供されています。

個人相手の専門的面談サービスと違い、一か所に常駐せずに年に何日も訪れるわけではない組織に向けて組織風土全体に影響を与えることを目指すような取組は、中村さんにとっては不可能に近いと思えるような難題であったそうです。

しかし、ある日、「プラスのめがね」を題材にした講演をしてきた学校の先生から電話がかかってきます。「中村先生、『プラスのめがね』のお話を聞いた学年と、そうでない学年では全然違うんです。またあのお話をしに来てくれませんか?」

継続的でも長時間でもない関わりで、しかも学校の学年全体という規模で自分が与えた影響が定着していることを知ったときの喜びは相当大きかったことであろうと想像できます。この瞬間、中村さんは自分が基地局になってSFのWi−Fiエリアが広がった感覚を持ったそうです。面白い例えですね!

地形や気象条件や使用する機器によって電波受信が可能になる場合ならない場合はあるけれども、発信している限り、必ず受信している人はいる。そして、その人がまた中継局になって電波が届くエリアが広がる。僕もそんな感覚がありますが、SFを発信し続ける醍醐味と言えます。

さて、具体的には中村さんはどのような工夫をされたのでしょうか?
「こころのアシアト日記」「THINK(シンク)ちゃん」「いいね!の木」それって何だろう、知りたい!と思われた方は、ぜひ"SF inside" Dayで中村さんの分科会にご参加ください。

★発表内容:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_contents.php#nakamura

中村さんは学校だけでなく、企業の中でも発達障害傾向のある社員への対応について管理職の指導をされたり、組織風土にSF要素を導入する試みをされています。心理の専門家でない方でも、中村さんのお話しから学べることが色々とあるはずです。組織外の人間が一回には短時間のサービスを提供するだけでも、継続していくことでどのような違いをつくるお手伝いができるのか、そんな観点に興味がある方には必見の分科会です。

"SF inside" Day 2019の早割(3千円引き)が適用される申込期限は4月30日です。連休に入ってしまう前に、お早目のお申込みを!

★お申込はこちらから:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_regi.php

■■■ "SF inside" Day 2019 ■■■

◆大会テーマおよび共有事例の紹介:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_contents.php

◆大会概要(プログラム構成、タイムテーブル):
https://www.j-sol.org/sfid_program.php

◆参加費・日程など:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day.php#fee

【内容の問い合わせについて】
"SF inside" Dayの分科会では毎年どれを選ぶか迷うので困るというお声を聴きます。もし大会参加を決めるかどうか、あるいは参加は決めているが、どの分科会に参加するかを決めるために分科会の内容についてさらに詳しい情報が欲しいという場合は、どうぞメールにてinfo@solutionfocus.jp までお問合せください。発表者ご本人に転送して可能な範囲で回答していただき、返信いたします。

SF inside Day by 青木 安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | "SF inside" Day
ソリューションフォーカスNEWSメール配信ご希望はご希望はこちらまでご連絡ください。