2019年04月19日

"SF inside" Day 2019分科会の見どころ<サイゼリヤ>

「まなぴー」:
相互尊重と学び合いの場づくり〜@サイゼリヤ
青木 安輝

こんにちは。ソリューションフォーカスの青木安輝です。

"SF inside" Day 2019分科会の見どころ第二弾です。サイゼリヤ店舗現場でリーダーをつとめてらっしゃる螺澤富江さんが始めた「まなぴー(職場のコミュニケーショングループ)」の物語です。

発表タイトルは「答えはその人の中に 希望は私達の中に」です。
とても素敵ですよね♪ これを見ただけで「まなぴー」の雰囲気が伝わってくるような気がしました。

働く人の職場への愛着心(エンゲージメント)を高め、生産性や貢献度を高めるためには、個人の責任だけでなく、むしろ働く環境の「心理的安全性」の高さが重要だという認識は常識になりつつあります。ただ、職場全体の心理的安全性を一気に高めるというと難しいことに思えてしまいますが、螺澤さんが始めた「少人数でのSFコミュニケーションの場」を活用すれば、そこに参加するメンバーにとっての安心・安全の感覚が高められ、結果として仕事に対して前向きな発想と行動が生まれやすくなるようです。

私がこの分科会をお勧めしたい理由が一つあります。それは多くの方にとって、これなら自分でも始められるかもしれないと思わせてくれる内容だからです。発表タイトルの副題は「SZC(サイゼリヤカフェ)まなぴーVer.」となっていますが、会社主導で始められていた「サイゼリヤカフェ」という活動とほぼ同じ内容の活動を螺澤さんはご自分の発想と意志で「まなぴー」として始めていたのです。
社内ではSZCの先駆者と認知されているそうです。
★発表内容:https://www.j-sol.org/sf_inside_day_contents.php#saizeriya

仕事上生まれるモヤモヤを放置せず、愚痴にして処理するのでもなくソリューションフォーカスすることで、前向きな力に変えていく。
そんな小人数のコミュニケーショングループを継続していくコツは何なのでしょうか?是非、"SF inside" Dayで直接螺澤さんの話を聴いたり、質問をしてライブな交流の中で確かめてみてください。

"SF inside" Day 2019の早割(3千円引き)申込は4月30日まで。
あと10日余りです。うっかりお忘れになることのないよう、是非お早目のお申込みを!

★お申込はこちらから:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_regi.php

■共有事例全7本: 「言葉の魔法使い 『和』〜製品と共に流れるSF〜」
東P和明さん他2名 (藤森工業株式会社 名張事業所)

「組織や個人の変化を誘発した『SF的ワークショップの企画実施事例』」
彼谷浩一郎さん (“between the noses” corp. 代表)

「『自律した現場づくり』〜ハッスルソリューションを通して自発的に!〜」
工藤翔太さん (藤森工業株式会社 横浜事業所)

「答えはその人の中に 希望は私達の中に
− SZC(サイゼリヤカフェ)「まなぴー」Ver. −」
螺澤富江さん (サイゼリヤ)

「『楽しい毎日』〜 みんなが笑顔で気持ち良く仕事ができる環境にする 〜」
大川利光さん (藤森工業株式会社 静岡事業所)

「『学校・職場のSF‐Wi−Fiをオン!にする』
− ひとりの心理士が自分から始めてみたSF風土づくり物語 −」
中村亜紀子さん (もちの木心理セラピールーム別府)

「施設間バリアフリー:
〜事業所の枠を越えた人材交流、組織の見えない障害を取除く〜」
林則男さん (藤森工業株式会社 沼田事業所)

SF inside Day by 青木 安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | "SF inside" Day
ソリューションフォーカスNEWSメール配信ご希望はご希望はこちらまでご連絡ください。