2016年07月19日

"SF inside" Day 主催者振り返りコラム

"SF inside" は「SF入ってる!」
SF inside Day 全体会

J-SOL改め "SF inside" Day は、6月26日に開催され大好評でした。J-SOL参加経験者の皆さんにとっては、半分の1日という短さ、海外ソリューショニストの不在、好評だった「壁フェイスブック」がない等、いろいろな意味で足りない点が気になるかもしれないと開催前は心配していたのですが、当日の盛り上がり具合を見ても、アンケート結果を見ても全て杞憂であったことが判明しました。逆に「コンパクトで良かった」など、J-SOLよりも良い点があったという評価もいただきました。

SF入ってる!

また "SF inside" という言葉を前面に打ち出して、チームや組織のメンバー自身が主導するSF活用に焦点を絞った点も、参加者の8割が組織人としてSF活用する人々であったことと相まって、このイベントが目指すことをより明確に共有できたようです。 "SF inside "の語源は「インテル入ってる」のもじりだったので、そのまま日本語にすれば「SF入ってる!」となります。外から見ると普通のことをしているだけに見えるような場合でも、そこにSFが入ってる(当事者にSF意識がある)と、実は効果的な違いが生まれる一工夫がなされている。そんなイメージで "SF inside " が使われました。

"SF inside " Day を終えてみて強く感じたのは、SFを組織の中で活用しようとする世界中のいくつかの流れの中で、J-SOLに参加し続けてくださった皆さんが創り上げてきて、 "SF inside " Dayに引き継がれているある種の様式は、大変ユニークなものであるということです。キーワードは「小さなことの継続」。

2005年に私が株式会社ソリューションフォーカスを立ち上げて、組織の中でSFを普及させる活動を開始した時は、組織におけるSF活用事例といっても面談技法の延長としてのコーチング的なものや、SFを学んだ専門家によるファシリテーションやチームビルディング的なものが多かったです。特に欧米では外部の人間(outsider)がクライアントに“対して”使う技法という意味あいが濃かったのです。もちろん今でもそういう活用法は珍重されていますが、日本では独自の形で "SF inside " なチームづくりが進化しています。

三井造船株式会社玉野事業所の皆さん
今回発表された "SF inside " 事例9つの内、一つの例外(SMBCラーニングサポート社の研修へのSF応用)を除く8つの発表すべてが組織内部の当事者(insider)によるSF実践事例でした。しかも、特定の問題を解決して終わるものではなく、継続的な活動を通じて健康で前向きな組織文化を創ろうとする傾向のものでした。「解決志向」という名称は問題解決の技法という印象を与えますが、マイナス要素を除去するために一時的に使用するものというよりは、むしろ漢方薬のように継続的な服用で体質が強化されるイメージでのSF活用が増えてきました。毎月の部下面談に取り入れたという内容もあれば、毎日の朝礼のやり方を工夫してコミュニケーションが増えるようにしたとか、現場リーダーが定期的にリフレクティングチームをする等、形の上でもバラエティーに富んでいます。
参加者同士でシェア
一回だけではほんの小さなことでも、継続することで確実に人の結びつきを強くして組織力を上げていく様子が伝わってくる発表が多く、チームや組織が "SF inside " であるということは、内側にいる当事者が主体となって毎日のコミュニケーションの中に「他者尊重」や「多様性の許容(活用)」などのSF要素を増やすことであるという印象が残りました。
グーグルが実施した「プロジェクト・アリストテレス」という最強のチームを創る方法を見つけるための研究の成果が今年になって発表されました。それによれば、メンバーが「心理的安全性」を高く感じているチームの生産性が高いということが判明したそうです。さらに詳しく言うと「メンバー全員が同じように発言できる」「メンバー同士がお互いの状態に敏感で気遣いをする」という2点が重要だそうですが、"SF inside" Day で発表された内容の多くは、SFがチーム内で活かされると、まさにこの2点を高める方向に作用することを確認できるものでした。
全体会の様子
ただし、グーグルの研究成果の中でも言われていますが、どうやって「心理的安全性」の高いチームをつくるかの具体的方法には定型なし。ルールで縛れば長続きしないし、まさに縛りであることで「心理的安全性」が遠ざかります。なので、大会の中で発表された "SF inside" 事例を「〜型」という形でラベルをつけて類型化しようとするよりは、その「多様さ」自体が命であることを認識して、それらを実践している人たちの生の声を聴いて、自分の中で共鳴が起こる部分を増幅することが大事だと考えています。本や各種媒体に情報はあふれていますが、やはり生の声で伝わってくるものは心を揺さぶります。その自分の心の中にある揺さぶられた“何か”を核にすることができれば、具体的にどうするかは自分の性格や置かれた状況に合わせてどのようにユニークなものにしても良いし、そうするのがベストなようです。この大会のDVDは8月に販売開始予定ですが、それを製作する目的は、参加した方には自分の心の感動を思い起こしてもらうため、そしてまだ参加したことない方には「よくはわからないけど、次回は参加してみても良さそうだ」と思ってもらうことです。文字にはできない、映像を見てもわからない、あの場に身を置くことで感じられる何かが確実にあります。人は人から学びます。
分科会の様子

今回の多くの発表に共通するキーワードとなった「継続」。口で言うのは簡単ですが、どんな簡単なことでもチームの中で形骸化させずに効果を生み出す形で続けるのは本当に大変なことです。SFの考え方が好きになって個人的には活用しているものの、会社の中でそれを広めることはなかなかうまくできずにあきらめる人もいます。会社公認で始めたSF的な活動でも行き詰ることもあります。そんな時に、効果的に活かされたのが「SF実践コース」への参加であったという発表も今回目立ちました。誰でも一人で悩めば否定的な方向に考えてしまう可能性は高くなります。そんな時に、「そんな中でもうまくいっていることは何か」を一緒に探したり、「最終的にはどんな風になることを目指したいか」という肯定的未来イメージを呼び起こすワークをしたり、「今できることは何か」に関するアイデアを出し合う仲間がいることはとても心強いです。SFアカデミア・クリードである「認め合い、学び合い、応援し合う」を最高度に実践できる場があることで、困難を乗り超える体験が確実にリソースになっていきます。藤森工業や藤吉工業のように毎年「SF実践コース」に現場のキーマンを送り込んでくださる会社において修了生がサポート体制をつくっていたり、組織の継続的体質改善に取り組んでいる様子は本当に頼もしいです。

藤吉工業の夏目さん

何か問題が起きたときに、すぐにSF的サポートが受けられることでどれだけ心理的に助かり、前進するための方法が見つかり、そして問題が起こったことがかえって良かったと思えるような結果を生み出すかについて、大会の中では藤吉工業の夏目さんが一つのエピソードをシェアしてくださいました。SF活動の中で良かれと思ってやっていたことが、ある社員にとっては不快な状況を生み出してしまいました。そのことで強い否定的なメッセ―ジを受け取った夏目さんが、まさにその夜にSF実践コーススタッフの藤沢と渡辺のダブルSFコーチングを受けて、「1時間で頭の中が入れ替わる」ことを実感したそうです。色々なことがあるといつのまにか否定的な考えに浸ってしまうことってありますが、それを長い時間続けずに、プラスの可能性に焦点を当て変えることで状況がまったく違って見えることを実感して、そんな風にとらえ方を転換するクセをつけるためには、半年間SF濃度の濃い学び合い空間に身を置くことが役に立ちます。それは一生の宝になっていくようです。

8月に入ったら "SF inside" Day の記録DVDを発売開始する予定です。参加できなかった皆さんにご覧いただいて、「来年は行くぞ!」という気持ちになるかどうかご確認いただきたいですし、参加された皆さんはぜひ“あの感覚”を思い出すために観ることをお勧めしたいです。詳細はあらためて「SFニュース」でお知らせしますので、もう少しお待ちください。

来年の "SF inside" Dayの日程や場所は、9月初旬までには決定してお知らせする予定です。来年はどんな人たちが集まるかなあと考えると今からワクワクします!

◆大会中のスナップ写真をつなげたムービー
https://youtu.be/wnJdb_WZPWY

◆参加者の感想インタビュー動画
https://youtu.be/6UMUD6B0350

◆大会終了時のアンケート集計結果
http://www.j-sol.org/questionnaire/SFiD2016questionnaire.pdf

SF inside Day by 青木 安輝
【"SF inside" Dayの最新記事】
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | "SF inside" Day

2016年03月18日

“SF アカデミア” by 新講師陣!

“SF アカデミア” by 新講師陣!

以前からお伝えしてきましたが、SFアカデミアの主要プログラムである「SFベーシック」「SFフォーラム」「SF実践コース」の講師は、4月から藤沢さつき渡辺照子がつとめます。

この10年の間、様々なSFセミナーやワークショップの中でこの2人のSF的サポートによって、多くの方が「認め合い、学び合い、応援し合う」場の心地良さや意義深さを感じたり、創造的にSFを活かす行動が促進されたのを見てきましたので、この新講師陣によるセミナーは、役立ち度の高さでピカ一のものと確信しています。

SFはシンプルだからこそ、同じコンテンツでも、それを伝える人に特有の個人的リソースが活かされる形で提供されます。既に「SFベーシック」受講済みの方も、再受講することが可能ですので、ぜひSFの学びをリフレッシュする機会としてご利用ください。

また、「SFフォーラム」も学び合いの機会として洗練されてきましたので、再参加された皆さんから大変好評をいただいています。

ソリューションフォーカスに興味がありながら未受講の皆さん、ぜひ新講師陣を迎えたSFセミナーに参加して、「活かし合う力」を高めるコミュニケーションについて学ぶ機会としてご利用ください。

◆講師からのメッセージです:

★藤沢さつき
「SFを研修・コーチング・プライベートで活用してきた私自身の体験と、多くの参加者と学び合いをしてきた事を活かしたプログラムにします。又、20年近く、組織開発や個人の成長に関する研修に携わった経験も、プラスしてお伝えしていきます。」
★渡辺照子
「私自身が、ソリューションフォーカスを学び、仕事や暮らしに 活用してきた経験を活かし、分かり易く具体的な説明に 努めます。また、コーチとして、組織にSFを活かす実績を重ねて きたこともセミナーに反映してまいります。」

「SFベーシック」4月30日(土)
「SFフォーラム」5月28日(土)
「SF実践コース第8期」 2016年9月〜2017年3月
★詳細・申込:http://www.sf-academia.jp/program/start.php

◆ "SF アーティストクラブ" 新規会員募集中! ◆

年会費6千円(月額500円)で、ソリューションフォーカスを創造的に活用することを楽しむ仲間とつながろう!
「SFアーティストクラブ」概要:
http://www.sf-academia.jp/program/service.php
SFアカデミア by 青木安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | SFアカデミアからのお知らせ

2016年03月16日

予告! "SF inside" Day の事例提供者

"SF inside" Day(6月26日)
事例提供チーム9組を紹介します!

"SF inside" Day(6月26日)における共有事例提供者が決定しました!9組の皆さんをチーム(個人)名のみご紹介いたします。

新しいイベントなので、どのようなものかイメージしづらくて、参加を予定した方が良いかどうか迷った方もいらっしゃると思いますが、このラインアップをご覧になると、ご参加の決断がしやすくなるかもしれませんね♪

◆"SF inside" Day とは?
http://www.j-sol.org/sf_inside_day.php

"SF inside" Day 共有事例提供者 (50音順)
SMBCラーニングサポート株式会社
日本テキサス・インスツルメンツ株式会社
藤クリニック
豊村 博明氏(石油販売会社管理部長)
藤森工業株式会社名張・三重事業所
藤森工業株式会社横浜事業所
藤吉工業株式会社
星野 浩一氏(カルチャースクール・マネジャー)
三井造船株式会社

J-SOLに参加されたことがある皆さんには馴染みのある名前が多いですね。詳しい共有内容やプログラム構成等については4月上旬には公開できる予定です。どうぞお楽しみに!

ソリューションフォーカスを活かしてチームや組織の活性化を目指している皆さん、全国のソリューショニストが集うこの学び合いの機会をぜひお見逃しなく!!

6月26日ちよだプラットフォームスクエア(東京都千代田区)でお会いしましょう♪

SiD.jpg by 青木安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | "SF inside" Day

2016年01月08日

“SF inside” Day

“SF inside” Day
〜 SFを活かすチーム(職場)づくりに取り組む人が学び合う1日 〜

2016年6月26日(日)10:00 〜 18:00
@ちよだプラットフォームスクエア(東京都千代田区)

“共有事例”募集開始!
詳しくは最後までお読みください。
「SF inside(エスエフ・インサイド)」とは

“SF inside”とは 思考およびコミュニケーションの取り方の中に、効果的にソリューションフォーカスが活かされ、日常的にソリューションフォーカスの恩恵を享受している様子を表す言葉です。

「“SF inside”なチーム(職場)」とは SFコミュニケーションが交わされる度合いが高いことで、満足度や生産性が高く、メンタルヘルス環境の良い集団を意味します。

「“SF inside”なチーム(職場)」づくりを目指している人、およびそれを 支援しようとしている人は誰でもこの大会に参加する資格があります。

J-SOLの様子
<J-SOL から“SF inside” Dayへ>

ソリューションフォーカス(SF)を活かして、働く人が活き活きとしているチームや職場をつくろうとしている皆さんが、お互いの実践活動を共有して学び合うために集う場として、2016年は“SF inside” Day(1日)を開催いたします。

昨年まで8年間続けてきたJ-SOL(日本ソリューションフォーカス活用事例共有大会)においては、ここ数年“SF inside”な職場づくりを目指す企業のチーム参加が増えてきました。特に昨年はJ-SOL大会前のイベント「“SF inside”企業訪問ツアー」が実施され、ソリューションフォーカスを活用した社内活性化への挑戦を続けている藤森工業株式会社横浜事業所と、サイゼリヤ横浜ビジネスパーク店において海外ゲストも交えた企業内ソリューショニスト同士の有益な相互交流の場をもうけることができました。

その潮流を踏まえて、今年は組織に所属する方たちにとってより参加しやすいように1日プログラムに変え、組織の中で“SF inside”な状況を創り出すことにエネルギーを傾注している人々が、お互いの実践から学び合う場をつくります。J-SOLとは名前も時間の長さも変わりますが、ソリューションフォーカスで活気あふれる生産性の高い職場作りを目指している人々が集い、交流を深め、相互学習する点においてはまったく変りありません。逆に、1日だけなのでより集中した時間を過ごせる可能性もあります。

もう一つ強調したい特徴として、「学び合い」があります。SFアカデミアのプログラムでは「認め合い、学び合い、応援し合う」をクリードとして掲げています。「SFフォーラム」や「SF実践コース」のように“フォローアップ”が重要な位置を占めるプログラムを通じてわかってきたことは、学びは「成功した人が未成功の人に教える」という一方通行ではないということです。失敗からも学ぶことができますし、目標達成の途上にいるチームを傍から応援する中で、質問したり次の一歩に関するアイデアを一生懸命考えることが、様々な発見や創造性の発揮につながります。“SF inside” に関しての理解度や実践度がどのようなものであるかにまったく関係なく、誰もがこの場に参加することで生み出す価値があります。素晴らしい成功事例を持った人も、道半ばで苦労しながら奮闘している人も、大きな組織の人も、小さな組織の人も、「学び合い」を構成する重要な一員です。

私(青木)は最近ソリューションフォーカスで新しい組織風土をつくろうとするのは、時代を変えつつある色々な流れのうちの一つであるという想いを強くしています。とても意義のあることです。が、簡単ではありません。失敗や挫折も沢山あって当然です。“SF inside” Dayは、既に確立されたことを学ぶ場ではなく、新しい文化を創ろうとしているソリューショニストたちがこれまでの様々な経験を共有して、光る部分に焦点をあてつつ、様々な苦闘の先に何があるのかを見据えようとすることで、せっかく生まれた大切なものを育てていく場なのだと思います。そんな想いで響き合える仲間が集まる場にはきっと笑顔と発見があふれ、自分の進むべき道を気持ちよく(再)確認していただけるはずと確信しています。

<プログラム概要>
1. プログラム構成:

基本的に参加者同士の実践事例を共有して、学び合う形式をとります。以下の3つの形式の組み合わせとなります:

◆全体会:
一つの部屋で全員で一つの事例発表に耳を傾け、ディスカッションをします。
◆分科会:
事例提供者がいくつかの部屋に分かれて発表をし、参加者は関心のあるテーマの発表を聞き、質疑応答やディスカッションに参加することができます。
◆オープンスペース:
話し合いたいトピックをその場で募集します。トピックを提示した人がスペースリーダーとなり、小部屋に分かれ、参加者は自由に動きながら、関心のあるトピックのスペースに参加します。

応募された事例内容を主催者側で検討し、全体会、分科会、オープンスペース其々に適したものを選択させていただきます。そして、最終的に1日のプログラムとして組みあげて告知いたします。 詳しいプログラム内容は、3月下旬頃に公開する予定です。

全体会のイメージ 分科会のイメージ オープンスペースのイメージ
全体会のイメージ 分科会のイメージ オープンスペースのイメージ
2. 参加費:
17,000円(早期申込み割引:15,000円)
  • 早期申込み割引その他申込み手続きに関する詳細は、3月下旬頃のプログラム内容発表時までに最終決定し、お知らせいたします。
3. 時間・会場・定員・参加資格等:
日時: 2016年6月26日(日)午前10時〜午後6時
会場: ちよだプラットフォームスクエア(東京都千代田区)
定員: 100人
参加資格: ソリューションフォーカス(SF)を活用して、職場のチームを活性化させたり組織の問題を解決することに関心のある方であれば、どなたでも参加できます。
但し、ソリューションフォーカスに関する予備知識がない方は、ご自身にとってより効果的に参加して頂く為に、事前に推薦図書を読んだり、「SFベーシック」セミナーを受講されることをお勧めいたします。
□推薦図書:「解決志向の実践マネジメント」
(河出書房新社)青木安輝著
□「SFベーシック」セミナーの詳細・申し込み案内ページ
<「共有事例」募集要項>

◆募集対象:

  1. チームや組織の中で、ソリューションフォーカスを活用しての問題解決、目標達成、職場の活性化など、何等かの成果をあげたり、あげつつある事例を当事者として発表できる個人またはチーム。
  2. ソリューションフォーカスを活用して(個人相手ではなく)チームや組織に対する支援で成果をあげた事例を発表できるコーチ、コンサルタント、その他の支援専門家。
  3. SF活用によるチームや職場の変化を目指す志は高いが、現在前進するのが難しく、当事者以外の新鮮な視点からのSF的応援が欲しいと望む事例。

◆応募事例に関する条件等:

  1. “SF inside”に関する厳密な定義はありませんので、ソリューションフォーカスを活用して職場の活性化を目指したり、チームや組織の問題を解決したり、新しい組織文化を 創ろうとする試みであれば、幅広くどのような内容であっても応募資格があります。
    • 規模の大きな事であっても小さな事であってもかまいません。
    • 関わる当事者が全員SFを意識的に活用したケース、一部の当事者がSFを活用し、周囲に影響を及ぼしたケース、どちらも応募できます。
    • 発表者は、一人でも複数人でもかまいません。
    • 発表事例は完全にうまくいったケースである必要はありません。どのような事例もうまくいかなかった部分が含まれているものです。発表するためにうまくいった部分に焦点をあてていたら、案外成功していたことに気づく場合もあります。
  2. 発表内容によって、「全体会」での共有、「分科会」での共有、「オープンスペース」に振り分けて、プログラムを組みます。その選択は、まず主催者側が暫定案を作った上で、応募者の皆さんに個別に相談させていただきます。
  3. 発表して終わりではなく、その中の成功や失敗からの学びについて、また次のステップに関するアイデア等を大会参加者とリフレクティングする時間を大切にします。発表者とそれを聞く人が共に学び合う場です。
  4. 事例提供者も参加者であることは変わりませんので、一般参加者同様に参加申し込みが必要となることにご留意ください。
  • 「自分の事例を多くの人と共有してみたいが、応募対象に該当するのかどうか迷う」などの場合は、info@solutionfocus.jpまでメールにてお気軽にお問合せください。
<「共有事例」応募方法>

■募集期間: 2016年1月15日〜2月末日

■応募方法:

専用の応募フォームに必要事項を全て記入し、送信してください。応募受付のメールが返信されます。その後、担当者から発表内容に関するお尋ねや、発表形式に関する相談の連絡が届きますので、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
どの形式で発表していただくことになるかは、3月半ばまでには決定する予定です。

応募フォームはこちら(2016年1月15日〜)
http://www.j-sol.org/sf_inside_day.php

J-SOL by 青木安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | "SF inside" Day
ソリューションフォーカスNEWSメール配信ご希望はご希望はこちらまでご連絡ください。