2019年04月28日

"SF inside" Day 2019テーマ「自分から始めるSF」

自分から始めるSF」ということの意味あい
青木 安輝

こんにちは。ソリューションフォーカスの青木安輝です。

今年は「自分から始めるSF」を"SF inside" Dayの大会テーマとしていますが、これはとてもしっくりくるという方と違和感を覚えるという方がいるようです。

実は私自身その両方を感じています。違和感の方はどのように感じているのか自問してみました。カウンセリング手法として開発された解決志向アプローチ(SFA)の一つの発展形としてSFをとらえると、原点に戻れば支援コミュニケーションのノウハウということになります。「支援」であるなら、支援を受ける人が支援を要請するところから始まります。勝手に支援しては余計なお世話になるからです。その視点からだとSFを使う人は支援者であって「自分から始める」のはおかしいわけです。

では「しっくりくる」感覚を持てるのはなぜなんでしょう。

SFアカデミアに学びにいらっしゃる多くの方は、支援専門職ではなく、自身もその一員としてプレーヤーであるチーム(組織)のメンバーです。そのチームが負う責任や目指す目標を達成することを自分事として意識する必要があります。チームの目標が達成されたり責任を果たすことは、自分も他のメンバーも望むことです。
しかし、必ずしも“面談”をするような立場にいるとは限りません。

そのような状況で解決志向の要素を活かそうとすると、カウンセラーが個室でクライアントを迎えて「今日のセッションで何を得たいですか?」という類の質問から始めるというような定型のルーティーンがありません。

つまり、SFは人がもっているリソースに注目し、望む未来の様子やそこに向けての具体的な行動アイデアを肯定感情と共に生み出すコミュニケーションノウハウだとわかっていても、何のためにどの範囲で、どのようにSFを活用するかというところからケースごとにオリジナリティーをもって決定していく必要があるということです。

働く現場で自分以外の人間の意識に影響を与えて、やる気が増したり、助け合いの要素が増えたり、何等かの形で人の動きが良い方向に変化することを促したいと思った時にSFを使うなら、どこでどのようにSFを使い始めるのか、そしてフォローするか、あるいはどこではSFを使わないか等を、すべてSFを活用する本人が判断していく必要があるということになります。まわりの人の意見をうまく取り入れるとか流れにまかせるにしても、それでよいと思うかどうかは自分次第です。

ある意味「自分から始めるSF」しかないとも言えます。

6月の"SF inside" Day 2019では、そんな一つひとつがオリジナルなSF活用事例に触れていただき、多くの方が自分のオリジナルなSF活用を開始する刺激にしていただきたいと切に願っています。

"SF inside" Day 2019の早割(3千円引き)が適用される申込期限は4月30日、あと3日です。5月以降も通常料金でのお申込みは可能ですが、参加をお決めになっている方は是非お得な早割で!

★お申込はこちらから:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_regi.php

■■■ "SF inside" Day 2019 ■■■

◆大会テーマおよび共有事例の紹介:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_contents.php

◆大会概要(プログラム構成、タイムテーブル):
https://www.j-sol.org/sfid_program.php

◆参加費・日程など:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day.php#fee

【内容の問い合わせについて】
"SF inside" Dayの分科会では毎年どれを選ぶか迷うので困るというお声を聴きます。もし大会参加を決めるかどうか、あるいは参加は決めているが、どの分科会に参加するかを決めるために分科会の内容についてさらに詳しい情報が欲しいという場合は、どうぞメールにてinfo@solutionfocus.jp までお問合せください。発表者ご本人に転送して可能な範囲で回答していただき、返信いたします。

SF inside Day by 青木 安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | "SF inside" Day

2019年04月26日

"SF inside" Day 2019分科会の見どころ<工藤翔太さん>

「ハッスルソリューション」で自律した現場づくり!
青木 安輝

こんにちは。ソリューションフォーカスの青木安輝です。

"SF inside" Day 2019分科会の見どころ第6弾は先週修了式を終えたばかりの「SF実践コース」第十期生、工藤翔太さんです。
製造業の現場では先輩や上司の指示に従って間違いさえ犯さなければ良いという消極的な若手が多くなりがちと聞くことがよくあります。藤森工業横浜事業所の工藤さんは、そんな若者像とはまったく違う個性の持ち主です!藤沢と渡辺が工藤さんの発表の魅力をお伝えします♪

★藤沢さつきがお伝えします〜ここが見どころ!〜:

私は「SFはリーダーシップ」だと思っていて、セミナーでもそのように伝えています。工藤さんの創り出した成果はまさにそのリーダーシップを発揮した内容です。

役職や肩書があるわけではない20代の工藤さんは、「自分に出来る事は何か」と等身大のリーダーシップを模索し、「自発的な現場作り」というフューチャーパーフェクトを描いて、勇気を出して一歩を踏み出しました。そして、先輩も後輩も上司も巻き込み成果を創り出しました。まさに、素晴らしいソリューション フォーカスの実践です。

受け身だった仲間が、自分事として現場をより良くしようとする意識に変化し、一人一人がリーダーシップを発揮し始めた事例です。

そして工藤さんは「仕事に行くことが楽しい」と言葉にしていますが、同時に「会社に貢献する」事も強く意識しています。実践コース中のSFフォーラムで彼と一緒になったある金融関係の参加者の方が、「こんな若者がうちにも欲しい」と感銘を受けてらっしゃいました。
こんな素敵な若手社員、皆さんの組織にも欲しくないでしょうか。
自組織で彼の様な社員が育つヒントを見つけにいらしてください。

★渡辺照子がお伝えします〜ここが見どころ!〜:

「SF実践コース」スタート当初は、なにやら思いつめた様子の工藤さんが、半年後はすっきりとした笑顔で、自分の考えや想いを活き活きと言葉にする姿が印象に残るようになりました。
6か月の間に、何がそのように変化させたのでしょうか?

より良い改善を皆で生み出したいのに、周りがノッてきてくれない。
どうにもできない八方ふさがりな状態から、皆が活き活きと改善を語り合う「ハッスルソリューション」という会議体を編み出すに至る6か月の軌跡、それは感動に値します。ぜひ、ご参加ください!

"SF inside" Day 2019の早割(3千円引き)が適用される申込期限は4月30日です。5月以降も通常料金でのお申込みは可能ですが参加をお決めになっている方は、お得な早割のお申込みを!

★お申込はこちらから:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_regi.php

■■■ "SF inside" Day 2019 ■■■

◆大会テーマおよび共有事例の紹介:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_contents.php

◆大会概要(プログラム構成、タイムテーブル):
https://www.j-sol.org/sfid_program.php

◆参加費・日程など:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day.php#fee

【内容の問い合わせについて】
"SF inside" Dayの分科会では毎年どれを選ぶか迷うので困るというお声を聴きます。もし大会参加を決めるかどうか、あるいは参加は決めているが、どの分科会に参加するかを決めるために分科会の内容についてさらに詳しい情報が欲しいという場合は、どうぞメールにてinfo@solutionfocus.jp までお問合せください。発表者ご本人に転送して可能な範囲で回答していただき、返信いたします。

SF inside Day by 青木 安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | "SF inside" Day

2019年04月25日

"SF inside" Day 2019分科会の見どころ<大川利光さん>

課員が自発的に
どんどん動いてくれるようになった人気者課長!
青木 安輝

こんにちは。ソリューションフォーカスの青木安輝です。

"SF inside" Day 2019分科会の見どころ第5弾は前回に引き続き先週修了式を終えたばかりの「SF実践コース」第十期生である大川利光さんです。製造課長だけでなく総務課長を兼任することになった大川さんは、またたく間に総務課の雰囲気を“楽しい”ものに変化させることに成功しました。講師の渡辺と藤沢が、大川さんの魅力を伝えてくれます♪

★「渡辺照子がお伝えします〜ここが見どころ!〜」

大川さんは、着任したばかりの総務課で、SFを活用した実践により、人気者の課長さんになってしまいました。取組のテーマは、「皆が笑顔で気持ち良く働ける職場づくり」です。

“なぞ”なのは、どうして短期間で人気を博すまでになってしまったのかということです。キーワードは、「バラの花」「焼肉奉行」「アンケート」。当日会場に行けば、“なぞ”が解けますので、ぜひ足を運んでみてください。

大川さんの実践のキーポイントは、「フューチャーパーフェクト(得たい未来が実現してしまった状態)の絵」です。絵に込めた想い、それがあったからこそ、実践は半年間ぶれることなく推進されました。大川さんのフューチャーパーフェクトの絵づかいから学べることがとても大きいです。

★「藤沢さつきがお伝えします〜ここが見どころ!〜」

大川さんが参加されたSF実践コース第十期のセミナーに、オブザーバーとして参加されていた、ご自身も管理職である第一期生のKさんが、大川さんの実践報告を聴き「世の中の管理職は、本当は大川さんのようになりたいと思っているけれどなれない。一体どんな風にしているのか2週間位張り付きたい」と言っておられました。

大川さんのタイトルは「楽しい毎日」ですが、これは目的ではなく、プラットフォームだと思います。そのプラットフォームに乗って、創り出したい総務課の状態に向かい、一歩一歩「楽しく」スモールステップを重ねた結果、総務課に変化が起きました。

受け身だった社員が自発的になり、一人一人が自分の業務で手一杯の状況から、人手不足の中でも互いの仕事をサポートし合うチームに進化しました。「毎日楽しく」仕事をしながら部下の意識や言動が自然と変化してしまうなんて、私も大川さんの職場にこっそりと潜入したいです。

"SF inside" Day 2019の早割(3千円引き)が適用される申込期限は4月30日です。連休に入ってしまう前に、お早目のお申込みを!

★お申込はこちらから:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_regi.php

■■■ "SF inside" Day 2019 ■■■

◆大会テーマおよび共有事例の紹介:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_contents.php

◆大会概要(プログラム構成、タイムテーブル):
https://www.j-sol.org/sfid_program.php

◆参加費・日程など:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day.php#fee

【内容の問い合わせについて】
"SF inside" Dayの分科会では毎年どれを選ぶか迷うので困るというお声を聴きます。もし大会参加を決めるかどうか、あるいは参加は決めているが、どの分科会に参加するかを決めるために分科会の内容についてさらに詳しい情報が欲しいという場合は、どうぞメールにてinfo@solutionfocus.jp までお問合せください。発表者ご本人に転送して可能な範囲で回答していただき、返信いたします。

SF inside Day by 青木 安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | "SF inside" Day

2019年04月23日

"SF inside" Day 2019分科会の見どころ<林則男さん>

OSKARで生まれ変わった男が
OSKARで事業所間連携に成功!
青木 安輝

こんにちは。ソリューションフォーカスの青木安輝です。

"SF inside" Day 2019分科会の見どころ第4弾からは3回連続で先週修了式を終えたばかりの「SF実践コース」第10期の新生ソリューショニストたちを紹介します。彼らを見守り応援してきた講師の藤沢と渡辺がその見どころを伝えてくれます。まずは、「施設間バリアフリー」を目指した取組を始めた林則男さん!

★「藤沢さつきがお伝えします〜ここが見どころ!〜」

林さんは昨年の"SF inside" Day全体会で、戸塚深さんの発表において「生まれ変わった男」として登場しました。仕事への意欲を失いドロップアウト寸前だった林さんが、生まれ変わるきっかけとなった戸塚氏による「OSKARモデル」会話の体験は、林さんの中で揺るぎないものになり、身体がそれを覚えています。

そんなOSKARモデルを、今度は林さんが職場の仲間や他事業所のメンバーとのミーティングでクリエイティブに活用しました。SF実践コース中、林さんのOSKARモデルの実践を聞いた時には、私も他の皆さんも驚き、思わず「凄い!」と声に出していました。

「SFの理論はシンプルだけど実践はアート」というインスー氏の言葉通り、その場に適合させた林さんのOSKARモデル活用方法は、まさにアートです。この発表を聞かれた方は、「OSKARモデルってそんな風にも使えるの?!」という驚きと共に「自分も色々な場面で使ってみたい♪」という気持ちになることでしょう。

★「渡辺照子がお伝えします〜ここが見どころ!〜」

皆さん、林さんご自身が書いた事例紹介文をお読みになられましたか?
これです→https://www.j-sol.org/sf_inside_day_contents.php#zacrosn

そこに添付の写真の林さんは、とてもまじめそうに見えます。実際にまじめな方で、完成度の高い成果を出そうと努力を惜しまない方です。
一方で、とてもユーモアがあって、面白い方でもあります。当日の発表は、事業所の壁を取っ払ってコラボレーションをスタートした軌跡が語られるはずですが、実は、林さんは思春期の娘さんとのコミュニケーションにSFを活用して、素敵な父娘関係を創り出してしまいました。そんなストーリーも当日の発表の中では楽しく語ってくれるはずです。どうぞお楽しみに。

"SF inside" Day 2019の早割(3千円引き)が適用される申込期限は4月30日です。連休に入ってしまう前に、お早目のお申込みを!

★お申込はこちらから:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_regi.php

■■■ "SF inside" Day 2019 ■■■

◆大会テーマおよび共有事例の紹介:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day_contents.php

◆大会概要(プログラム構成、タイムテーブル):
https://www.j-sol.org/sfid_program.php

◆参加費・日程など:
https://www.j-sol.org/sf_inside_day.php#fee

【内容の問い合わせについて】
"SF inside" Dayの分科会では毎年どれを選ぶか迷うので困るというお声を聴きます。もし大会参加を決めるかどうか、あるいは参加は決めているが、どの分科会に参加するかを決めるために分科会の内容についてさらに詳しい情報が欲しいという場合は、どうぞメールにてinfo@solutionfocus.jp までお問合せください。発表者ご本人に転送して可能な範囲で回答していただき、返信いたします。

SF inside Day by 青木 安輝
posted by 株式会社ソリューションフォーカス at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | "SF inside" Day
ソリューションフォーカスNEWSメール配信ご希望はご希望はこちらまでご連絡ください。